韓国 生活

インプラントへの道⑥ 注意点他

こんにちは。kokoです。

 

今日は、海外でインプラントをする際の注意点、他を

お伝えしようと思います。

 

抜歯後1週間経過

私の場合ですが、

歯の腫れ・痛みなどは無くなりました。

痛み止めも、5日目から必要なくなりました。

体の倦怠感はまだあります。

歩くのも疲れます。

 

炎症がひどかったり、

自分の免疫力が弱くなっていたりする時は、

倦怠感や熱っぽさが長く残ったりするそうですが、

炎症成分と治癒する力が戦っているために起こる

自然な症状、だそうです。

 

一日一日、日ごとに良くなっているので、

「完全回復までもう少しでしょう!」

と思っています。

 

抜歯の注意点

 

昔(かな〜り前ですが)、

親知らずを2本抜歯したことがあるんです。

でも、その時は

「術後が猛烈に痛いよ〜」と

聞いていたのに

全く大丈夫だったんです。

若かったせいか、歯がうまく生えていたのか・・・

どちらにせよ、

そんな経験があったので、抜歯を軽くみすぎていました。

インプラントを入れる日が「手術」のような錯覚。

そんな軽い考えの抜歯だったので、

CT受けたその日に抜歯もしてしまったのです。

体にかける負担が大きすぎたのかな、と

反省しています。

抜歯も、不自然な力を体にかける

大きな行為ですので、

これから受ける皆さんは、

抜歯も慎重な日程と、準備万全の

体で受けてくださいね。

 

病院でいただいた注意事項に、

「当日は湯船に浸かることは禁止し、

3日間は、飲酒・喫煙と過度な運動はしないように」

とありました。

 

海外でインプラントする際の注意点

 

韓国でインプラント治療を受け、

日本に帰った知り合いの話です。

インプラントに不具合ができ(上部がかけた?)、

日本の大学病院に行ったそうです。

そこで、日本の歯科に聞かれたことが

以下の点だそうです。

1、インプラント金属のメーカー

2、ボーンレベルか、ティッシュレベルか

3、内部金属ネジの直径と長さ

4、フィクスチャー、スクリュー、アバッチメントの品番

 

長いおつきあいになるインプラントですので、

インプラント手術を決めた際には、

しっかり把握しておくと後々安心と思います。

私も、これを聞いて、「ああ、ここまで聞くといいのね。」

と勉強になりました。^^

 

ご参考までに。

<追記>

上の点、私も実際に聞いてみたのですが、

ここまで詳しくはあまり必要ないみたいで、

1、3しか教えてもらえませんでした。

過去のケースを見ていても、

実際に必要となるのは、その程度、との通訳さんのお話でした。

 

では、この辺で。

インプラント⑦ 手術前日こんにちは。kokoです。 いよいよ明日に迫った手術。 「恐ろしい」 と、いうのも、 抜歯後の痛みに苦しめれられた経験ゆえ。...

 

インプラントへの道のり⑤ 説明こんにちは。kokoです。 昨日に引き続きのブログです。 なにぶん、口頭での聞き取り、 専門分野でもないど素人...