韓国 生活

インプラント⑧ 当日

こんにちは。kokoです。

 

部分麻酔で行いました。

麻酔の切れる前に書き留めておきます。

骨造成手術も行うと通常よりも

痛みが増すようなので。

 

朝、自分への手術前最後のリラックスタイムにと、

昨日買っておいた

カフェワークスのドリップコーヒーとマカロンを

いただきました。

これで、ばっちりセロトニンがでます。

がんばれ、自分。

 

病院予約時間より1時間前に飲むよう

処方された薬を飲みます。

 

病院につき、

まずは日本語スタッフさんに

軽く説明を受け、

インプラント治療の最終確認と

会計を済ませました。

 

レントゲン撮影

 

麻酔を打ちました。

麻酔を打ってくださったのは

院長先生ではなく、麻酔専門の先生だったのかな?

それなりの痛みはあったけれど、

これがあるからこそ、

手術の痛みから解放されるので、

我慢です。

 

日本語スタッフさんからの

説明を再度受け、

同意書に署名。

ここまでで、

病院内に入ってから40分位経過。

 

手術。

院長先生がしてくださいました。

日本語のスタッフさんも後ろに

いてくださる。

今日のレントゲンで見る限りだと、

私の骨の状態が良くないので、

もしかしたら骨造成までで終わるかもとのこと。

院長先生が歯茎を開いた上で、

骨を見て最終的に判断するという流れに。

手術は、30分かからなく終わりました。

手術中の痛みは全くありませんでした。

部分麻酔なので、意識はあり

緊張もします。

 

でも、手術を受けながら、

「信頼できるから大丈夫」と、思いました。

院長先生とは、そんなに会話もしてないし、

何を持っての信頼かは、

うまく表現できませんが、

レントゲンを見ての見解、

手術中に感じるスマートな流れ、

熱心に事を成してくれている感覚。

顔を布で覆われている状態でも

人間には感じ取れる何かがあります。

 

「信頼できるから大丈夫」

そう思った時点で、

すごく楽になりました。

 

手術中会話はほとんどなかったですが、

先生たちの話す言葉が

ちょっとはダイレクトにわかるのも

よかったです。

韓国語、細く長くでも勉強続けていて

よかった〜と自己満足。

 

手術後のレントゲン撮影

 

日本語スタッフさんによる説明。

主に術後の注意点についての説明でした。

そして、手術の際に院長先生の

話していたことの説明。

通常は、インプラント手術後、

2週間後に抜歯し、

さらに1〜2ヶ月後に次のステップに入ります。

しかし、私の場合骨の状態が良くないので

抜歯後、次のステップに入るのに

6ヶ月待ちましょう、との事でした。

今日埋め込んだ人工骨と、インプラントが

完全にくっつくのに私の場合

時間がかかるとの

お見立てです。

全く異論はありません。

 

個人個人の歯や骨の状態によって

インプラントの流れって変わるのですね。

当面、日本帰国なしと思うので私は大丈夫ですが、

駐在さんで来てる方などが、

インプラント施術を考える際は、

期間は変動するかもしれないを

記憶の片隅に置いておくと良いかもしれませんね。

 

処方されたうがい薬は

1本で、1800won。

さらに追加で、もう1本。

こちらは保険効かない価格で

2000won。

「夜は、保冷シートがあるといいですよ。」

とスタッフさんからおすすめ受けたので、

6枚入り6000wonを2点購入しました。

 

さあ、痛みに乗り切れるかな。

では、この辺で。^^

 

追記9月5日

 薄らとした痛みが4日ほど続きました。

腫れは、手術から5日後にはひきました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村


韓国(海外生活・情報)ランキング

応援ありがとうございました〜。

 

インプラント⑨ 炎症こんにちは。kokoです。 手術後の痛みを恐れていましたが、 我慢できる痛みです。 私の抜歯後の痛みが ...

 

インプラント⑦ 手術前日こんにちは。kokoです。 いよいよ明日に迫った手術。 「恐ろしい」 と、いうのも、 抜歯後の痛みに苦しめれられた経験ゆえ。...